Solid Edge 2021 新機能紹介

Solid Edge 2021 New Functionality

Solid Edge 2021 ポートフォリオSolid Edge Product Portfolio

ノンヒストリ型CADのスピードと柔軟で直感的な編集機能、ヒストリ型CADのパラメトリック設計と履歴管理機能、この両方を兼ね備えた3D CAD が Solid Edgeです。

Solid Edge が提供するシンクロナステクノロジーを活用すれば、IGESやSTEP、Parasolidデータなどから取り込んだ外部データも、Solid Edgeで作成したモデルと同じように編集や加工が可能です。

Solid Edgeは優れたコアテクノロジーをベースに構想設計から詳細設計に至る、あらゆる設計ステージに活用できる幅広い機能を提供しています。

シンクロナステクノロジーを活用すれば、取り込んだIGESやSTEP、Parasolidデータなどの外部データも、自分で作成したモデルと同じように編集や加工が可能です。

パッケージ機能比較

Solid Edge ポートフォリオ
Solid Edge

新機能トピックスSolid Edge 2021 Topics

非アクティブパーツの認識

Solid Edge 2021 では、非アクティブモードの状態で、下記の機能が使用できるようになりました。

  • アセンブリ幾何関係*、運動(モーター)
  • 計測
  • キーポイント
  • PMI 寸法
  • ビューコマンド: 正面に向ける、面で回転
  • シンクロナス移動:編集のためにパーツを自動アクティブ化

非アクティブモードでは、メモリ使用量の低減によりアセンブリパフォーマンスを向上できます。

非アクティブパーツの認識
非アクティブパーツの認識

アセンブリでのパーツのコピー&貼り付け

同じアセンブリファイル内、もしくは別アセンブリファイル内に複数のパーツをコピー、貼り付けができるようになりました。

  • コピー&貼り付け中に内部の幾何関係を維持できます。
  • 幾何関係を学習させて使用できるため、新規配置するパーツは最小のクリック数で組み立てられます。
  • コピー&貼り付け時に幾何関係のステータスが表示されます。
アセンブリでのパーツのコピー&貼り付け
アセンブリでのパーツのコピー&貼り付け

インポートデータの内部構成要素

インポートデータを内部構成要素として取り込むことが可能になりました。内部構成要素は、ディスク上にはファイルは存在せず、アセンブリ内部のみに存在します。

  • Parasolid (X_T)、STEP、JT、IFC のトランスレータで生成が可能です。
  • インポート時間を大幅に改善しました。
  • 内部構成要素は、公開することでディスク上にファイルを作成できます。
インポートデータの内部構成要素
インポートデータの内部構成要素

3D Find.it by CADENAS

ADENASとSolid Edgeの統合による[3Dfind.it]は、 ウィンドウ内で入手可能な何百万ものサプライヤパーツへのアクセスをユーザーに提供するWebサイトです。
[挿入]コマンドにより 3Dfind.it のホームページが起動し、サプライヤの部品を参照もしくはダウンロードできるようになります
形状検索により類似部品(代替部品)を検索する事も可能です。

3D Find.it by CADENAS
3D Find.it by CADENAS

サブディビジョンモデリング

サブディビジョンとは、形状制御用の多角形ケージを用いてボディを生成するように様式化されたモデリング手法です。隣り合うポリゴン頂点との接続性を維持し、デザイン性のある滑らかな形状の作成が可能です。
シンクロナスとオーダードの両方の環境で利用可

※ Classic、Premium のライセンスでご利用可能です。

サブディビジョンモデリング
サブディビジョンモデリング

偏差解析

B-Rep と メッシュモデル、もしくは2つのメッシュモデル間にて、点対点の比較し、検査します。
次の偏差位置を確認できます

  • モデル内の最大偏差
  • モデル内の最小偏差
  • 選択した偏差距離内の最大偏差

シミュレーションの結果表示と似たモデルのコンタで表示します。

偏差解析
偏差解析

フレームのエンドキャップ

フレームデザイン環境で新しい「エンドキャップ」コマンドの利用が可能になりました。

  • フレームメンバーは、[内向き]および[外向き]のエンドキャップを使用して閉じることができます。
  • フレームの断面または境界ボックスに基づいてエンドキャップが作成されます。
  • エンドキャップはパーツリストおよび BOM レポートにリストされます。
フレームのエンドキャップ
フレームのエンドキャップ

シートメタル複数辺のフランジ

一度に複数のフランジを作成を作成できるようになりました。コンタフランジとは異なり離れたエッジの選択が可能です。
以下の交差を防ぎフランジを作成することが可能です。

  • 既存フランジとの交差
  • 隣接および離れたフランジとの交差
  • 同一平面および非同一平面との交差
シートメタル複数辺のフランジ
シートメタル複数辺のフランジ

アダプティブUI

アダプティブ UI はマシンラーニング(ML)および人工知能(AI)コンセプトを導入し、新しい「予測コマンド」ツールバーがグラフィック領域の上部に表示されます
予測 UI はユーザーのSolid Edgeの使用法を学習し、ユーザーが必要とする次のコマンドを予測して、10の選択肢を提供します。

※Classic と Premium での提供となります。

アダプティブUI
アダプティブUI

製品構成Product Configuration

Solid Edge 2021 製品パッケージ

Solid Edgeはシンクロナス・テクノロジーを使用することで、イノベーションを促進し、制約のない設計環境を提供します。これによって、従来の3Dモデリングに見られた制約を受けずに、さらに高速でインテリジェントな設計を実現します。

Solid Edgeは、モバイル環境でもフル機能が使え、いつでもどこでも設計、コラボレーションができるようになっています。業務上の必要性に応じた購入オプションから選択して、強力で直感的な3D設計ポートフォリオを思い通りに実装することができます。

パッケージ機能比較

Solid Edge 2021 製品パッケージ
Solid Edge 2021 製品パッケージ

クライアントのシステム要件System Requirement

クライアント推奨OS
  • Solid Edge 2021は64ビットOSのみに対応します。
  • Windows HomeおよびWindows RTはサポートされません。
ハードウェア環境
    推奨システム構成(Siemens社 検証済み環境)
  • Windows 10 Ver1809以降(64bit / EnterpriseまたはProfessional)
  • 32GB以上のRAM
  • True Color(32ビット)または1,600万色(24ビット)
  • 画面解像度の設定 1920 x 1080以上、ワイドスクリーン形式

 

    最小システム構成
  • Windows 10 Ver1809以降(64bit / EnterpriseまたはProfessional)
  • 16GB以上のRAM
  • 65,000色
  • 最低解像度:1920 x 1080以上

※ いずれもインストールディレクトリに8.5GB以上の空き容量が必要です。

MSOFFICE
    バージョン
  • Microsoft Office Professional 2016
  • Microsoft Office Professional 2019
  • Microsoft Office 365 Business
ブラウザ
    Internet Explorerバージョン
  • Internet Explorer 11(推奨)

ライセンスサーバのシステム要件License Server Requirement

ライセンスサーバ対応OS

FlexNet Publisher 2018 R4(11.16.4.0)は
以下のオペレーティングシステムの64bitOSでのみサポートされます。

  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows10(同時アクセスユーザー数制限有)

※ Solid Edgeをサーバーオペレーティングシステム上で実行しないことを推奨します。

各OSに関するメーカー情報OS Information

Windows OS
    Solid EdgeはMicrosoftがオペレーティングシステムのメインストリームサポートを終了した時点でオペレーティングシステムに対する新しいリリースの認定を停止します。
  • Microsoftは2015年1月にWindows7のメインストリームサポートを終了しました。
  • Microsoftは2018年1月にWindows8.1のメインストリームサポートを終了しました。
  • 古いオペレーティングシステムに対するMicrosoftおよび
  • グラフィックカードベンダーからのサポートが限られているため、
  • Windows7またはWindows8.1にインストールすることはお勧めしません。
  • Solid Edgeはこれらのオペレーティングシステムにインストールして実行されますが、
  • SolidEdgeとサポート終了オペレーティングシステム間の非互換性が原因であると判断された問題は修正されない場合があります。

Solid Edge Monthly Subscription

Solid Edge Monthly Subscription 

月払いの CADレンタル システム 

「ソリッドエッジ マンスリー  サブスクリプション」 

急な仕事やユーザーの増減に合わせた柔軟なライセンスの対応や月払いが可能なCADレンタル システム

Solid Edge  サブスクリプション  説明サイト 

閉じる