3次元CADシステム Solid Edge

Solid Edge とは?

ノンヒストリ型CADのスピードと柔軟で直感的な編集機能、ヒストリ型CADのパラメトリック設計と履歴管理機能、この両方を兼ね備えた3D CAD が Solid Edgeです。

Solid Edge が提供するシンクロナステクノロジーを活用すれば、IGESやSTEP、Parasolidデータなどから取り込んだ外部データも、Solid Edgeで作成したモデルと同じように編集や加工が可能です。Solid Edgeは優れたコアテクノロジーをベースに構想設計から詳細設計に至る、あらゆる設計ステージに活用できる幅広い機能を提供しています。

Solid Edge(ソリッドエッジ)の広範な機能

シンクロナステクノロジーを活用すれば、取り込んだIGESやSTEP、Parasolidデータなどの外部データも、自分で作成したモデルと同じように編集や加工が可能です。

シンクロナステクノロジーについて

Solid Edgeは現在のCADの代表的なモデリングテクノロジーである「ヒストリー型」と「ノンヒストリー型」両方の特徴的な機能を兼ね備えたシンクロナステクノロジーを搭載しています。一つのテクノロジーに縛られることなく、作業目的に合ったテクノロジーを利用することで、設計作業を効率的にがすすめることができます。

3D-CAD 初心者にもおすすめ

「ノンヒストリー型」のダイナミックモデリングは少ないコマンドで、モデルをそのまま触って直感的に編集が出来ます。

操作が簡単でトレーニングや社内ルールの構築などの3D-CAD導入時のハードルが低くなり、短期間で3D CAD をマスターすることが出来ます。

Solid Edge(ソリッドエッジ)のシンクロナステクノロジー

Solid Edge の特徴

ダイレクトモデリング

モデルの形状を編集する際に、その要素の寸法を操作するのではなく、例えば移動したい壁を直接掴んで移動したい位置で離すことで形状を変更することができます。 モデルの面などを選択した時に表示される“ステアリングホイール”を使えば正しい方向への移動や、要素の回転もコントロールが可能です。 さらに“ライブ断面”機能を使えば、任意の断面形状に直接寸法を設定して、形状変更もできます。

設計意図(ライブルール)

設計者が拘束条件を設定しなくても、Solid Edge が「同軸」や「正接」、「同一平面上」などモデルの幾何的な特徴を自動的に認識し、形状を変更しても、モデル形状が崩れることなく編集をする事が出来ます。 また、この設計意図は画面上に表示された設定ウィンドウにてユーザーがいつでもOFFにする事が出来ます。

設計意図(ライブルール)

ライブ断面

従来の3D CADでは「断面」は表示して肉厚などを確認するためのものでしたが、Solid Edge では任意の断面に直接寸法を設定し、形状を変更することができます。例えば断面形状を確認しながら肉厚の変更が可能になります。

ライブ断面

アセンブリモデルの編集

アセンブリモデルに含まれる複数の構成部品を、同時にストレッチし形状を変更することが出来ます。

アセンブリモデルの編集

図面データの活用

dxfやdwg等の2次元図面データをSolid Edge に取り込み、正面図や側面図を指定すると、簡単に3Dモデルを作成することが出来ます。 また取り込んだdxfファイル等に書かれている寸法も、3Dモデルの駆動寸法として利用可能です。

図面データの活用

全方位受けCADとして

全方位受けCADとしてSolid Edge はParasolid, STEP, IGESなどの中間フォーマットは勿論、主な3D-CADのデータをそのままインポートすることが出来ます。(CATIAのみオプションとなります。) インポートした外部データはシンクロナステクノロジーにより、自ら作成したモデルと同様に寸法を設定し、形状をパラメトリックに編集することができます。 これにより例えば取引先から受領したモデルに設変が入ってもスピーディーな対応が可能です。

製品構成

olid Edge(ソリッドエッジ)製品構成


TOP

Solid Edge Monthly Subscriptions カンタンCADレンタル

導入しやすい 15,000円〜/月(税抜価格)

詳細はこちら