熱流体解析ツール FloEFD

FloEFD とは?

Solid EdgeやNXの設計ツールにアドオンされ、設計ツール使用環境で設計者が簡単に利用できる熱流体解析ツールです。設計段階で繰り返し解析を行うことで手戻りを削減し設計期間の短縮と品質の向上が実現できます(解析のフロントロ-ディングの実現)。

FloEFDは自動車、エレクトロニクス、航空宇宙産業をはじめ、さまざまな製造業界の機器・機能単位レベルの熱流体解析に幅広く活用できます。

熱流体解析

熱流体解析とは

熱流体解析とは、流体(液体および/または気体)の流れと熱伝導を計算しにより予測するもので、速度や圧力、温度の分布の確認、指定位置での物理量の測定、流体の流れを可視化することで、液体や気体の動きが製品の性能に与える影響を調べます。

フロントローディングCFD 「FloEFD」

熱流体解析

従来のCFDシミュレーションでは、CADモデル作成、ジオメトリのプリプロセス処理、メッシュ作成、解決、ポストプロセス処理、レポーティングに対処する必要があります。その為、各方法をマスターをする必要があり、また結果を出すまでに多くの時間を要します。
しかし、「FloEFD for Solid Edge」 は、すべてSolid Edge と同一UI上でで処理されるため、CADの中で早期に、そして頻繁にシミュレーションを実行することでき、大きな影響を製品の設計段階でとどめることが出来ます。

FloEFDで出来ること

  • 取り扱える流体
    • 液体/気体
    • ニュートン流体/非ニュートン流体
    • 圧縮性流体/非圧縮性流体
  • 解析できる現象
    • 流体の流れと熱伝達
    • 内部流れと外部流れ
    • 定常/非定常解析
    • 層流/乱流
    • 混合流れ
    • 熱連成解析(熱伝導、対流、輻射、日射)
    • 強制対流/自然対流
    • ポーラスメディア(多孔質)
    • 回転体
    • 移動壁面
Slid Edge用FloEFD
 
Slid Edge用FloEFD

FloEFD の特徴

設計者のための熱流体解析ツール

  • Solid Edge で作成した部品やアセンブリのモデルをそのまま解析に使用可能
  • 条件設定から結果表示まで、CADと同じ操作環境で実行可能
  • 簡単な設定で設計者自身が解析、結果を踏まえて最適設計
Slid Edge用FloEFD

高度なメッシュ機能

  • 境界メッシュの自動作成
    • メッシュリファイン
    • アダプティブメッシュ
    • カットセルテクノロジー
    • Thin Wall セル
  • 大まかなメッシュの解像度を設定するだけで自動的にメッシュを構築
  • マニュアルでのメッシュ作成も可能
高度なメッシュ機能

自動収束制御のソルバー

  • 従来の熱流体解析ツールのような解が発散することがほとんどない
  • 収束計算のためのパラメータの設定が不要
Slid Edge用FloEFD

分かりやすいインターフェース

  • ウィザード機能による解析条件の設定
  • MS-Officeによる結果出力
Slid Edge用FloEFD

豊富なオプションモジュール

  • Electronics Cooling
    (電流解析、PCB、ヒートシンク、ファン、LED、システムレベル解析、電流解析等)
  • HVAC
    (建物内の空気の流れ、オフィス空調、火災&煙、ダクト、ファン)
  • LED
    (高度なふく射機能)
  • EDA Bridge
    (基盤CADインポート)
  • Advanced CFD
    (水膜モデル、燃焼モデル、極超音速)

注意事項

「FloEFD for Solid Edge 」アドイン可能なSolid Edge について

FloEFDをSolid Edgeにアドインして利用する際の注意事項をご確認ください。

  • Solid Edge ST9 又は ST10 以上
    (※ ST8以前の旧バージョンにはアドインできません。)
  • Foundation,Classic または Premium パッケージに対応
    (※ ”Design & Drafting“にはアドインできません。)
  • フローティングライセンスに対応
    (※ 「FloEFD」はノードロックライセンスにはアドインできません。)

TOP

Solid Edge Monthly Subscriptions カンタンCADレンタル

導入しやすい 15,000円?/月(税抜価格)

詳細はこちら