製品紹介

製品コスト管理システム aPriori

aPrioriについてお問い合わせ

製品コストへの、アプリオリなソリューション。

ラテン語で「先験的な」を意味するaPrioriという名前は、まさにこのソフトウェアにぴったりだといえます。
コスト度外視で製品を設計し、後で見積もってみてその額に驚愕した…そんな経験はもう、必要ありません。
aPrioriがあれば、設計と同時にコストを見積もることができます。生産に適した設計を徹底的に追及することが、容易にできます。
aPrioriと一緒に、先験的な製品設計を始めてみませんか。

aPrioriの特長

aPrioriとは?

3DCADモデルを読み込むことで、そのモデルを生産した場合どれほどのコストになるのかを自動的に計算してくれるソフトです。
従来の方法の見積よりも圧倒的に早く、しかも精度の高い見積が手軽にできるのです。
これによって設計業務を飛躍的に改善でき、コスト削減に大きく貢献してくれるでしょう。
「製造コストのフロントローディング」を可能にしてくれるソフト、それがaPrioriなのです。

aPrioriが役に立つのはこんなとき!

  • できる限り製造原価を抑えてコストを削減したい
    aPrioriのコスト計算は、最も低コストな製造工程を自動的に選択してくれます。
  • CADモデルの設計に変更を加えたので、もう一度見積を出さなければいけなくなった
    aPrioriならすぐに見積を出すことができます。これによって設計変更を手軽に試行錯誤することができます。
  • 生産拠点や製造工程が変わることでコストにどんな影響が出るのかを知りたい
    aPrioriでは、コスト計算時に製造条件を細かく設定することができます。条件の変更によるコストの変化を手軽に知ることができるのです。
  • 金型費がいくらになるのかを知りたい
    aPrioriは金型費など、その部品を生産するための設備投資費も算出できます。

aPrioriはとってもカンタン!

aPrioriにはコストに関するお役立ち機能が満載です。
というと、さぞ操作が難しいのだろう…と思われるかもしれませんが、そんなことはありません!
基本的には3DCADモデルを読み込んで、「Cost」ボタンを押すだけでコスト計算ができるのです。
また、洗練されたユーザーインターフェースは非常に直感的に操作できるので、すぐに操作に慣れることができます。

aPriori インターフェースaPriori QuickCosting

aPrioriはどうやってコストを計算しているの?

本当にCADモデルを読み込むだけでコスト計算ができるの?とお考えの方もいるでしょう。
aPrioriには、ベテランエンジニアに培われた数々のノウハウがシステム化されています。
また、データベースには機械の性能から定尺材料のカタログ、地域別の賃率にいたるまで、ありとあらゆるデータが格納されています。
それらを元に、CADモデルから読み取った幾何形状をどのような工程なら製造できるのかをシミュレートすることで、コストを計算しているのです。
すべての数字が明確な根拠に基づいているので、aPrioriの計算する見積額は信頼性が高いものとなっています。

製造工程を徹底シミュレーション!

部品の各形状をどのように加工すれば製造できるのか、あらゆる工程をシミュレーションします。
それによって最も低コストな工程を導き出すことができるのです。
手動で工程を選択することもできますから、コスト以外に優先したい要素があっても対応可能です。
また、板金溶接と切削加工など異なる工法間の比較もできますから、複数の設計案を検討する際にも役立ちます。
設計と製造工程の最適な組み合わせの模索においても、aPrioriは威力を発揮できるのです。

製造工程比較

aPrioriは金型費の算出も可能!

aPrioriは材料費や労務費など様々な内訳のコストを計上し、それを合計することでモデルの単価を算出します。
その中には金型費や備品費などの設備投資費も含まれています。
モデル形状に基づいて加工体積やアンダーカットに必要な装置の数を算出することで、合計金型費用が計算できるのです。
また、総生産数から最もコスト効率がよい取り数を自動計算することもできます。
金型費は製品の製造において最もコストがかかる要因の一つです。
それを設計段階で知ることができれば、プロジェクト全体の指針決定において計り知れない効果が期待できるでしょう。

金型費aPriori HardToolingCosting

CADモデルがなくてもコスト計算可能!

aPriori最大の特長は3DCADモデルを読み込んでの自動コスト計算です。
しかしながらCADモデルがまだできていない、設計の初期段階で見積りをしなければならないことも多いでしょう。
そのためaPrioriには「ユーザーガイデッドコスティング」という、部品の数値を手動入力することでコスト計算可能な機能も備えています。
これによって設計初期段階では手早く、CADによるモデリング段階では精密にコストを算出する、という二段構えの見積ができるのです。
製品開発のいかなるタイミングにおいてもaPrioriはコスト管理の支えとなるでしょう。

製品コストはすべてaPrioriにおまかせ!

aPrioriにはそのほかにも製品のコストの管理や出力が可能な、コストに関する様々な機能を備えています。
新製品開発から既存製品のコストダウンにいたるまで、コストに関する課題はすべてaPrioriが解決してくれるのです。

スプレッドシートレポート

aPrioriで計算した各種コストデータを、Excel形式で出力する機能です。目的に合わせて様々な形式が選択できるほか、ユーザー自身がカスタマイズした形式で出力することも可能です。

aPriori スプレッドシートレポート

CADシステムとの連携

aPrioriにはCADシステムへのプラグインとして、設計と同時にコスト計算可能なモードもあります。モデルに修正を加えるたびにコスト計算が行えるので、設計変更のコストへの影響が瞬時に判明します。もちろんCATIAやPro/Engineer、SolidWorksなど主要なCADシステムにはすべて対応しています。

CATIAとのプラグインモード

大量の部品コストを管理

aPrioriには「バルクコスティング」という大量の部品を一度にコスト計算したり、BOM(部品表)を読み込むことで複数の部品のコストを一元管理したりできる機能もあります。各部品のコストの詳細な内訳が一覧できるので、コスト削減対象分析の一助となるでしょう。

aPriori BOMローダー

リアルタイムコストトラッキング

aPrioriのサービス「Cost Insight」を使えば、プロジェクトのコストをリアルタイムで追跡できます。ブラウザやスマートフォンから、いつでもどこでもアクセスできます。グラフ化されたプロジェクトのあらゆる数値はビジュアルで分かりやすく、また自由自在にカスタマイズすることが可能です。

aPriori Cost Insight

aPriori社の日本語サイトはこちら

aPrioriについてお問い合わせ

PAGE TOP

Solid Edge Monthly Subscriptions カンタンCADレンタル

導入しやすい 15,000円〜/月(税抜価格)

詳細はこちら